ユーロズロチの運用資金とロスカットの目安

ユーロズロチのスワップ投資は、ユーロ円とズロチ円の相関性を利用した投資方法です。

具体的にはユーロ円の売りポジションとズロチ円の買いポジションを同時に持つことで、為替変動リスクを低減させつつ、スワップポイントを獲得していきます。

スワップポイントをコツコツ積み上げていく運用スタイルになるので、為替変動によって強制ロスカットされないよう余裕を持った資金で運用するのがポイントです。

ユーロ円の売り・ズロチ円の買いポジションは、ユーロズロチ(EUR/PLN)の売りポジションを持っているのと同じ意味です。

ユーロズロチの値動きからロスカットラインを探っていくのが簡単なので、ユーロズロチのチャートを見ながら運用資金とロスカット目安を確認していきたいと思います。

ユーロズロチのチャートは、TradingViewにアクセスして、検索窓に「EURPLN」と入力すれば無料で見れます。アプリを入れておくと、手軽にチェックできるのでおすすめです。

TradingView
TradingView(iOS)
TradingView(Google Pay)

本記事執筆時点のレートが4.3004。

過去20年を見ると、大きく上昇した局面が4つ(チャートの矢印)あります。

そのときのレートは以下のとおりです。()内の数値は本記事執筆時点のレートと比較した変動幅です。

2004年2月:4.8998(+0.5994)
2009年2月:4.6399(+0.3395)
2011年11月:4.5060(+0.2056)
2016年11月:4.4532(+0.1528)

基本は、この4つのレートの少し上をロスカットラインにするのが安全と言えます。

ただ、今後このレートを上回る可能性もありますので、あくまでもロスカットラインは目安として捉えてください。

この4つのレートの少し上をロスカットラインにした場合の必要資金は以下のとおりです。

必要資金は必要証拠金と余裕資金を合算したもので、FX口座に入っていれば、ロスカットにならない金額です。

安全に運用するのであれば、1ポジション(ユーロ円1万通貨を基本とした場合)あたり20〜30万円くらいの資金がひとつの目安になります。レバレッジは8倍から13倍程度です。

1つのポジションを持つことで得られるスワップポイントは1日あたり約65円、年間約23,000円です。期待リターンは、20万円で運用した場合は年率11%、30万円で運用した場合は年率7.6%となります。

ロスカットレートごとの含み損と必要資金

以下は4.300(ユーロ円1万通貨、ズロチ円4万3000通貨)を基準とした場合のロスカットレートと必要資金です。

28万円あれば、ユーロズロチ(EUR/PLN)が5.0まで上昇してもロスカットにならないということになります。

ユーロズロチ投資に興味がある人は、自分のリスク許容度や運用スタイルに合わせて、必要資金を決めてみてください。