オーストラリアドル円に長期投資(積立/一括投資)した場合のリターンを検証

オーストラリアは先進国の一員で順調に経済成長を遂げています。金利は高くとも下落傾向にある新興国通貨と比べると安心感があります。

そんな、オーストラリアドル(豪ドル)にスワップ狙いで長期投資した場合、どれくらいのリターン(税引前)が得られるのかをシミュレーションしてみました。

具体的にはオーストラリアドル(AUD/JPY)を

  • 10年間、毎月定額積立した場合
  • 半分最初に投資して、半分を10年間、毎月定額積立した場合
  • 最初に全額一括投資して10年間保有した場合

の3つのケースで検証していきます。

注意事項

記載の検証結果は、記載の前提条件における検証結果であり、記載の無い検証も含めた平均的な結果を⽰すものではありません。

ここで紹介する検証結果はあくまで参考程度に留めてください。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさいますようにお願い致します。

前提条件

  • 投資元本は1,000,000円
  • 運用期間は2009年4月〜2019年3月までの10年
  • レバレッジ2.5倍で運用
  • スプレッド(取引コスト)は1銭
  • スワップは政策金利(下図参照)から計算
  • 1000通貨分の購入資金(スワップと定額積立の合計)が貯まったら1000通貨購入
  • 追加購入は月初に実施
オーストラリアの政策金利推移
グラフの単位は%

検証結果

ケース1は毎月定額積立、ケース2は半額一括投資・半額毎月定額積立、ケース3は全額一括投資です。結果から紹介すると、最初に全額一括投資したケースが最も高いリターンとなりました。

ドローダウンは一時的に最大資産から落ち込んだ場合の下落率でマイナスが小さいほど良いです。たとえば、100万円投資して、いきなりドローダウンが来た場合、-39万8600円の含み損になることを意味しまます。

以下、各ケースの保有数量、スワップ、利益の推移です。

保有数量推移

  • ケース1
  • ケース2
  • ケース3

スワップ推移

  • ケース1
  • ケース2
  • ケース3
損益推移

損益推移は為替損益(評価損益)とスワップ収益の合算

  • ケース1
  • ケース2
  • ケース3

追加購入したタイミングや獲得したスワップ、損益の状況は以下のとおりです。

ケース1:100万円を定額積立

平均取得単価:85.13円
為替損益:-272,570円
スワップ収益:355,493円
損益合計:82,923円
年平均成長率:0.809%

ページの先頭に戻る

ケース2:50万円を初期投資/50万円を定額積立

平均取得単価:80.74円
為替損益:-137,720円
スワップ収益:725,297円
損益合計:587,577円
年平均成長率:4.769%

ページの先頭に戻る

ケース3:100万円を全額一括投資

平均取得単価:78.27円
為替損益:-8,430円
スワップ収益:1,114,746円
損益合計:1,106,316円
年平均成長率:7.895%

ページの先頭に戻る

まとめ

オーストラリアドル円の投資は年0.809%〜7.895%のリターンが期待できます。米ドルよりは投資妙味がありますが、ユーロズロチやNZドルと比べると若干見劣りする印象です。

国の財政状況などからつけられるオーストラリア国債の格付けは

  • S&P:AA+
  • ムーディーズ:Aa1

となっています。

S&PはAAAからA、BBBからB、CCCからCという形で表記され、さらにAAからCCCまでに+、−が付きます。

AAAが最も信用力が高く、BBBまでが投資適格と言われています。BB以下はジャンク級と呼ばれ、信用リスクが高いとされています。

ムーディーズはAaaからA、BaaからB、CaaからCという形式で表記され、さらにAa~Caaまでは1、2、3が付きます。Ba1/BB+以下はS&P同様にジャンク級、投資不適格級と呼ばれ、信用リスクが高いとされています。

一気に通貨が売られて暴落という事態は目先では発生しづらいと言えます。ただドローダウンが40%近くありますので、レバレッジをかけすぎると危険です。

基本は2.5倍程度のレバレッジで、少しずつ投資金額を積み上げ、日々貯まっていくスワップポイントを眺めてニンマリとしているのが衛生上おすすめです。

高金利通貨のリターン検証はこちら